ChigasakimatesWeb版 第25号増大号

2003.12.01 茅ヶ崎方式英語会 協力校通信

白鳥晴弘さんのこと

第45期第1回のCLASS2 LISTENING CONPREHENSION TEST 45(1-1)で白鳥晴弘さんの話題が取り上げられました。白鳥さんは9.11同時多発テロで、世界貿易センタービルにある証券会社で働いていた36歳のご子息を亡くされました。テロから1年半後、晴弘さんはアフガニスタンを訪れ、そこで出会った子供たちもアメリカとの戦いの後困難な生活を強いられており、息子もアフガニスタンの子供たちも、テロの悲劇に巻き込まれた同じ被害者だと気付きました。白鳥さんがアフガニスタンで会った子供たちの何人かは戦争で死亡した父親の代わりに家族の生活を支えなければならず、教育を受ける余裕がありません。想像を絶する子供たちの状況に白鳥さんは深く心を動かされ、息子さんの蓄えを基に、アフガニスタンの子供たちを支援するための基金を設立しました。「Atsushi NY.911 夢に向かって基金」です。
この話に感銘を受けた豊田校代表畑裕子さんは、直接、白鳥さんに電話され、11月3日の懇親会でお話を聞く機会をアレンジして下さいました。

豊田校の畑さんより一言

The father of a Japanese victim of the September 11th terror attacks on the United States set up a fund to support children in Afghanistan, long- ing for a peaceful world without terrorism. The first Class2 L.C.T. for this term, made by Ms Megumi Suzuki, moved me to call the bereaved man, Mr. Haruhiro Shiratori. I explained that I would like to share my happiness and energy of life with others, especially those suffering deep grief and extreme poverty and Mr. Shiratori was pleased to accept my offer of help. His book and video convey sorrowful voice of the war-torn country and impress us with the appealing look of children injured in the U.S. retaliatory attacks upon the Muslim nation. The generous father also started to make a speech on 'Live on Dream' at schools across Japan. Won't you invite Mr. Shiratori to give a talk and listen to his touching story with children in your neighborhood? Thank you.
(原文のまま)

息子からの伝言 白鳥晴弘

ページのトップへ▲